立木の管理問題

杉は樹齢200年を超えます。

明日は役員と総代の合同会議があります。
今年度の予算案をはじめ、コロナウイルスの問題に伴い、
秋季例祭をどのように実施するかについて話し合われます。
大幅な規模の縮小がなされることは明らかです。

案件の中に立木の管理問題を入れています。
境内は鎮守の杜と呼ばれるほど木の多い場所ですが、
老木が増えてきたため、台風により倒木するリスクが高くなってきました。
その際、周囲にあるお社・石碑・鳥居・石灯籠・掲示板・住宅などを
破損する可能性があります。平成25年の大風では、拝殿の屋根を損壊しました。

以下が伐採候補の木々です。

投稿者プロフィール

浅舞八幡神社
浅舞八幡神社浅舞八幡神社 宮司
「浅舞八幡神社 宮司」の本多です。
Facebookでは、「神社ページ」と「プライベート」のページを自ら管理しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

我が町のわら細工職人

次の記事

御朱印帳が無い場合