New最近の投稿

静寂につつまれた “まちの鎮守様”

107_09_【9】鳥居に向かって撮影②

【御祭神】 八幡大神(第15代応神天皇
【鎮座地】 秋田県横手市平鹿町浅舞字蒋沼125
【例祭日】 6月1日(春祭り)・9月敬老の日 の直前の土日(秋祭り)
【旧社格】 県社 ※昭和20年に社格(神社の格式)は廃止されていますが、県南には3社しかない県社という高い位置付けにありました。
【総本社】 宇佐神宮(大分県宇佐市)
【由緒・沿革】 社伝によれば、住古(大昔)天平12年(740)、当浅舞村開拓創業の際、居村の北西の方角に水利牧民の地を拓き、神殿を建立、八幡大神を祭祀し、永くこの地の守護神と崇め開業の盛事がなされました。
 以後、当村戸籍に編入するもの、農民に限らず、士となく、商となく、皆この神社の氏子とすることを村中の法(慣習法)と定めたということです。
 降って元亀(1570)のころ、小野寺左京亮友光(浅舞村の城主)、宿館に一城を築き、当地を所領されるにあたり、該城の守護に任命され、それまでの慣習や仕来りを廃したり、新たにお定めになり、城の鎮守社として八幡大神を篤く崇敬、お宮を庇護、大いに祭祀を振るわせました。
 ところが、天正(1573)に至り、奥州(現在の福島・宮城・岩手・青森の4県と秋田県の一部)が大きく乱れ、幾間もなく滅亡、天正18年(1590)、豊臣秀吉の奥州仕置きに伴う検地で一揆が発生。
浅舞領は秀吉の蔵入地となり、菅蔵人秀磐が城代になったため、以前程の庇護は受けられませんでした。
 江戸時代に入り、慶長7年(1602)に佐竹氏が秋田に入部した際、隣村吉田の城主茂木監物に城を引渡し、元和8年(1622)に城は破却の後修繕、祭神 又村民の一手に帰したとか伝わっています。
 藩主佐竹家が源氏の後裔だったことから八幡大神(武の神)を篤く崇敬、明暦(1655)より元和(1688)年間に直参(江戸幕府の旗本、御家人の総称)或は代参(本人の代わりに神社にお参りする者)などが祈願されたことも複数回あり、寛保3年(1743)7月には佐竹義峯が社殿を改修、其の時の棟札が今も保存されています。
 然るに、天明(1781)の度より近傍人家、市中に移住されてより、神殿周囲が田園の中にあり、雨天の際、参拝に不便ということだけではなく、取締上不用心であることから、新たに御神徳(神様のご加護)の発揚を願うに相応しい土地を選び定め、旧藩へ申立許可をいただき、寛政12年(1800)庚申4月30日に現在の場所に遷座、文久2年(1862)壬戊8月氏子中拠金し更に造営を加え、拝殿回廊とも完備されたということです。
 明治5年(1872)壬申3月郷社(神社の格式の1つ)に列せられました。
同13年7月修繕造営を加え、同年9月19日遷宮式(御神体を本殿に移す儀式)が執り行われました。
 明治15年(1882)6月、戸長(今の町・村長)柿崎宗信と慈善事業家の伊勢多右ヱ門両氏が上京、有栖川宮幟仁親王(ありすかわのみやたかひとしんのう)から御神号御染筆(神社名が書かれた掛軸)を師岡正胤(ものおかまさたね-皇室に奉仕する方)の手を経て授けられ、4月26日には御書附(書画の作者名や伝来、署名、押印などを書いたもの)を贈られました。
そして、目出度く県社へ昇格となりました。
 以上は浅舞八幡神社の由緒を抜粋したもので、寛政12年(1800)までは八幡小路321番地の24坪が、古八幡の地(元々神社があった場所)で、現在松の木1本、小祠の傍を八幡川が流れ「雪の出羽路」に記されている舞台の松、諏訪明神などが傍にあります。昭和54年(1979)4月、町の指定史跡として保存されています。

アクセス

Access

〒013-0105 秋田県 横手市 平鹿町浅舞 字蒋沼125
ご予約を心よりお待ちしております。
電話 0182-24-1606 (本多)
ご予約受付 9:00 〜 20:00(年中無休)

お車でお越しの方へ

横手IC(秋田自動車道及び湯沢横手道路)を降りて直進約1.3km。婦気交差点を左折し、
国道107号線を平鹿町・雄物川町方面へ進む。およそ1.5km付近、赤坂Y字路を左方向へ、
そのまま107号を平鹿町方面へ進み、JAガソリンスタンド「アイリス」を過ぎて
左側にコメリが見えた先の福田交差点を左折(右手交差点角にセブンイレブンあり)。
そのまま道なりに十文字方面へ約900m進む。左側に見える「忠猫神社」のそばです。

参拝予約・各種お問合せ

Access

お気軽にご連絡願います。

 TEL:0182-24-1606
  ※年中無休 9:00 〜 20:00の間で対応しております。
 不在の場合、神主の携帯に転送されます。

お問い合わせフォームもご利用可能です。

スタッフブログ

ブログ
墓地使用料の減額New!!
ブログ
ソーラー充電器New!!
ブログ
初詣のコロナ対策
ブログ
自殺の防止について
ブログ
七五三詣(団体)について
ブログ
樹木葬墓地について

お知らせ

大祓式 茅の輪くぐりを実施しました。

去る9月19日、秋の例祭(宵祭り)にて、
無病息災・疫病退散の祈りをこめて大祓(厄祓神事)を執り行いました。
以下はその時に撮影したものです。
茅の輪は10月末日まで参道に奉安する予定です。

社務所別館に学習塾が開校しました

PDF版はこちら

5月9日から、社務所別館の一部が「学習塾」となりました。
先生は横手市平鹿町にお住まいの中村太一さん(塾歴25年)です。
小中高の子供たちに指導をなさるとのことです。

平鹿町在住の子供さんを学習塾に通わせている
保護者の方々から「旧市内まで遠路送り迎えするのが大変で・・・」
という声が多々ありました。

神社所有の建物を有効活用していただき、
地元の子供たちの教育に役立ててもらいたい!
という意図があります。

詳しくは以下の広告をご覧願います。

最新記事

墓地使用料の減額New!!
ソーラー充電器New!!
初詣のコロナ対策
自殺の防止について
七五三詣(団体)について
樹木葬墓地について
PAGE TOP
MENU