忠猫の碑の拓本を公開中

学術的に貴重な資料です。

当神社には猫を神様として祀っている
忠猫(ちゅうびょう)神社があります。

 

 

 

 

 

 

この度、研究者の方のお力添えを得て、御神体にあたる石碑の拓本(たくほん)をとって頂きました。

拓本とは、凹凸のある石碑に紙を被せて密着させ、上からタンポに含ませた墨を打ち、凹凸を写しとったものです。

現在、神社に併設している
資料館内に石碑裏面の拓本を展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ずらいかもしれませんが、
【明治四十年二月十五日死 秋田市 石工 伊藤為治】
とあります。

石碑には猫が亡くなった日と
制作者の名前が彫られているということです。

忠猫神社の授与品について

投稿者プロフィール

浅舞八幡神社
浅舞八幡神社浅舞八幡神社 宮司
「浅舞八幡神社 宮司」の本多です。
Facebookでは、「神社ページ」と「プライベート」のページを自ら管理しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

榊の植樹

次の記事

幟立て台の修復工事New!!