眷属(けんぞく)の入魂祭

八幡神のお使いは鳩です。

当神社の敷地(境内)には猫を神様として祀っている
忠猫神社(ちゅうびょうじんじゃ)があります。

このお宮を地元のまちおこし団体(忠義な猫の会)が
地域振興の資源として活動を続けています。

忠義な猫の会Facebookページ

さて、この度、御神前に眷属(けんぞくー神様のお使いをする動物)
を安置する神事にご奉仕することになりました。

眷属(けんぞく)・・・聞きなれない語だと思いますが、
有名どころでは稲荷神社だとお狐さん、
春日神社では鹿、三峯神社では狼が該当します。
神様と所縁の深い動物が多く、
想像上の生き物、龍やシーサーなども含まれます。

忠猫神社の眷属として、以下に魂入れをします。
神々の世界は人間の理性の及ばない領域なのでしょうが、
おそらく、猫神様の世界にも序列のようなものがあり、
お使いとしての猫たちが存在するという想像に基づきます。

この神事を今月8日に予定していますが、
同日、忠猫神社の招き猫の授与が開始となります。

詳しい内容について、後日、以下のページに掲載いたします。

忠猫神社の御守と御朱印について

投稿者プロフィール

浅舞八幡神社
浅舞八幡神社浅舞八幡神社 宮司
「浅舞八幡神社 宮司」の本多です。
Facebookでは、「神社ページ」と「プライベート」のページを自ら管理しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大祓を実施しました。

次の記事

忠義な招き猫が登場!