法的には規制が無いのだが…

先日、ある方から「仮に神社墓苑にお墓を建てた場合、
将来、自分と飼い猫の遺骨を一緒に埋葬可能でしょうか?」
という質問を受けました。

この件について、横手市役所の墓地管轄課を訪問し、
担当者から法令上の扱いについて伺ったころ、

『墓地埋葬に関する法律にはペットの埋葬について
定めがありませんし、市のペット霊園の設置に関する条例は
ペットに限定した墓地新設について定めたものであり、
人と一緒ということを想定していません。
それ故、埋葬について行政指導をする根拠がありません。
民法によれば、犬や猫は「物」という扱いであり、
人骨と一緒に埋葬される副葬品(思い出の品や遺品など)
の一種と考えることができますので、墓地経営者の判断で
受け入れを認めることが可能です。
但し、墓地使用者の中には犬や猫が一緒に埋葬されている
区画があることに嫌悪感を抱く人もいるでしょうから、
そこは慎重に判断して頂きたいと思います。』


という回答を頂きました。

次回役員会の協議案件にする予定です。