忠猫神社の缶バッジ型御守

疫病退散!

当神社の境内には猫を神様として祀るお宮があります。
忠猫(ちゅうびょう)神社と呼ばれています。

その由来については、以下で紹介されています。

忠義な猫の会Facebookページ

新年(令和3年)の元旦から、
この神社の缶バッジ型御守を授与いたします。
次のようなものです。

缶バッジ型というのはとても珍しく、
アクセサリーにもなるタイプの御守です。

今月末にはバッジへの魂入れの儀式を執り行います。
この様子を後日ブログでご紹介する予定です。

猫神様の御神徳(御利益)ですが、
ペット(犬や猫)の健康長寿が一番であり、
金運上昇(右手をあげている招き猫と同じ)、疫病退散など
と信じられています。

どうして疫病と関係が?と思う方もいるかもしれませんね。
猫は様々な疫病を媒介するネズミを退治することにより、
間接的にも疫病から人類を守ってきてくれた、
という歴史があるからです。

投稿者プロフィール

浅舞八幡神社
浅舞八幡神社浅舞八幡神社 宮司
「浅舞八幡神社 宮司」の本多です。
Facebookでは、「神社ページ」と「プライベート」のページを自ら管理しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

人形供養感謝祭