喜んでいただけました。

昨晩、氏子さんと墓地の永代使用に関する契約を交わしました。先日、分譲料を無償にしてから2件目の契約です。将来的には神式のお墓を建てる予定とのことです。

使用する石や規模によりますが、建墓には結構お金がかかるので、使用料だけでも抑えていただけて幸いです。

現場の神職として活動するようになり約15年・・・その間、宗教とお金絡みの話では、嫌な思い(話を聞くだけでも不快)も多々ありました。「○○で葬儀を出したら、想定外に△△もかかった」とか「□□という新興宗教に騙された」とか「強引に入信を勧められた」とか「財産を奪われた」とか色々ありますね。

こんな時「宗教って誰のためにあるんだろうか?」とか「誰のためにあるべきなんだろうか?」とか「どこの組織もその財産を維持管理、活動を継続するために一定の経済力が必要になるのは当然だとしても、信者の方々に大きな負担をかけるのはどうなんだ?」と考えさせられることがありました。