先ずは総代会の三役に諮っています。

 皆さまご存知の通り、現在、全国的に問題となっているコロナウイルスの影響を受け、各地の催しが延期または中止になっております。お祭りも例外ではなく、横手市でもこの感染者が出たことを受け、町内神社の春祭り・同期会主催の厄祓や歳祝の延期や中止の連絡が相次ぎました。

 ついては、浅舞八幡神社の秋祭り(令和2年9月19・20日を予定)について、延期や中止を検討しています。

 連日、政府をはじめ、官公庁が発表している感染者数は増加、長期戦になるという見通しからは、仮に秋祭りを実施するにしても、規模の大幅な縮小が必要になるのでは?という考えが頭をよぎります。
 人命優先は言うまでありませんが、過剰なまでの慎重論、活動自粛は地域経済にも大打撃を与えるため、慎重に判断を下したいものです。
 臨時総会を開くことも視野に入れています。定例総会は毎年6月1日ですが、決定が遅くなると氏子町内にご迷惑をかけることになります。
 そもそも、会議で人が集まること自体にリスクがありますので、協議をどのように進めるかも含めて検討が必要です。         

 この種の決定を下す際、現在の状況把握、ウイルスの危険性に関する正確な知識と対策、今後予想される展開の予測等が必要になりますが、普段我々が目にするマスメディア(新聞・テレビ・ラジオ等)が報じている情報の信憑性を見極めることまでを含めると、判断し難い面が多々あるのではと思います。