どの程度「費用」を圧縮できるかが問題・・・

昨日、神道のお葬式(神葬祭)にご奉仕しました。葬儀社のセレモニーホールを使用しています。

そして、今日は信徒(神徒)さんの三年祭にご奉仕しました。こちらは式場として社務所を使用しています。

準備中の式場
社務所式場の様子 ※準備中

さて、葬儀という節目に「お墓じまい」「永代祭祀」についてご相談を受けることが多くなりました。

現在の社会状況は、従来のお墓のあり方に対し、大きな変化を求めています。核家族化・少子化・非婚化・高齢化社会となり、また生活スタイルが非定住化している昨今、代々受け継がれることを前提にした従来のお墓では、現代の様々なニーズに十分な対応ができなくなっています。

中には先祖代々の御霊を全て永代祭祀とする相談もあります。その場合、特に問題になるのが「費用」です。仮に墓誌に全ての神号(霊号)を彫るとなれば、それだけでもかなりの費用となります

ここ数日、これを「総称」で彫ることはできないかな?というようなことも考えています。

例えば「〇〇市△△町 ××家 先祖代々□□柱御霊」という感じです。