数え年について★

数え間違いにご注意ください!

先日、厄祓のお申し込みをいただいた際「数え年は満年齢プラス1の年齢ですよね?」という話がありました。

満年齢について

現在日本で一般的に使われている年齢の数え方が「満年齢」です。生まれた日を「0歳」と数え、次の生まれた日(誕生日)が来ると「1歳」年をとるという数え方です。

数え年について

生まれた年を「1歳」と数え、以降お正月(1月1日)を迎えると1つ年をとるという数え方です。
例えば、私は昭和53年の6月1日生れですが、誕生日前なので満年齢だと未だ40歳、誕生日を迎えて41歳になります。平成31年現在、数え年ですと42歳となります。

数え年を判断する際、今年誕生日を迎えている人は満年齢プラス1ですが、未だ誕生日を迎えていない人はプラス2となるので間違わないようにご注意ください。

ネット上には早見表がたくさんあります。以下は当神社のものです。

000_3PR-003_厄年・歳祝早見表_令2_424×418

投稿者プロフィール

本多和芳
本多和芳浅舞八幡神社 宮司
信条や経歴など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

数え年について