榊の植樹

雪国では冬囲いが必要です。

先日、先輩神職の古稀(数え年70歳)にあたり、
御祝を届けたところ、後日、内祝いを頂きました。

その際「境内に榊の植樹をさせてもらえませんか?」という
有り難い申し出がありました。記念植樹ということです。

過去15年ほど振り返ってみると、
老木や松くい虫の被害などで伐採することばかり、
全く植える機会がありませんでした。

また、考えてみると、
私は植樹祭のご奉仕経験がありません。
勉強不足!

ついては、次回会議で榊や紅葉などを
植樹する案を提出してみるつもりです。

古来、境内を鎮守の杜と言います。
環境保全の意味でも植樹は大切です。

榊は神様に供える玉串として使えます!
寒い地域では育てるのが大変ですがね・・・

投稿者プロフィール

浅舞八幡神社
浅舞八幡神社浅舞八幡神社 宮司
「浅舞八幡神社 宮司」の本多です。
Facebookでは、「神社ページ」と「プライベート」のページを自ら管理しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

三兄弟の七五三参り