お祭りの延期や中止が相次いでいます。

昨日、横手市消防団平鹿支部様主催の無火災祈願祭にご奉仕しました。コロナウイルスの問題がありますので、神事開始前、事務局が参列者全員にマスクを配布してくれました。

無火災祈願とは、文字通り火災の発生を防いでいただくための祈願なのですが、このような状況ですので、御祭神に奏上する祝詞(のりと)の文末に「辞別き(ことわき)」を付け、非常事態の終息や地域の皆さまの身の上の安全面・健康面について祈願をしました。

辞別きは、以下のような場合に用いられます。

・本文の祝詞の趣旨を更に強めて奏上する場合

・特に、別の祭神に対して奏上する場合

・本文の祝詞の内容が複雑になるのを避けて、改めて奏上する場合