努力は天才に勝るか…

今日は神社とは直接関係のない話題です。

プロ野球選手時代~監督を退くまで、偉大な成績を遺した野村克也氏のことがNHKのクローズアップ現代に掲載されていました。

こちらです。

共感できる内容がたくさんある一方で、これは意外だなぁと思う内容もありました。それは選手としてだけではなく、監督としても超一流と称される人物でも、メンタルが強いとは限らないということです。単に低姿勢な発言をしているだけかもしれませんが…

「負けて帰ると、しょんぼりして帰ってくると、『元気出しな』と声をかけてくれたけど、『負けたことはしようがないじゃない』『あした頑張りな』と絶対に弱音を吐かない女性だったから。常に強気、前向きの発言しかしない人だから。そういった意味では、俺はだいたい気が弱いから、そういう面では非常に助けてくれた。」と自分を支えてくれた奥さまのことを話しています。

家族か・・・