伐採木感謝慰霊祭

毎年美しい花に感動しました。

境内を鎮守の杜ともいいますが、その名のとおり樹木がたくさん生い茂っています。特に杉・松・桜が多いのですが、老木になると伐採が必要になります。

今回は鳥居付近の桜を伐ることになり、早朝、命あるものに対して畏敬と感謝の念を込めつつ慰霊祭を執り行いました。神社さんによっては、神域にある全ての木を御神木として扱っている場合もあるそうです。

樹皮の剥がれが目立ちます。老木になると中が空洞になってきます。

老木となった桜
老木となった桜

投稿者プロフィール

浅舞八幡神社
浅舞八幡神社浅舞八幡神社 宮司
「浅舞八幡神社 宮司」の本多です。
Facebookでは、「神社ページ」と「プライベート」のページを自ら管理しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

御神札の郵送対応

次の記事

それぞれの想い